長く住める家づくりを心がけよう

日本は様々な災害に直面しやすい国といわれています。地震や台風など、自然災害が引き起こす大きな問題を考えた時、長く住める家を建てたいと思う人も少なくありません。きちんとした耐震性などが、今の家づくりには重要となってきます。

住宅に関する疑問を解消しよう

住宅

住宅などにも寿命は存在する?

屋根や壁などは、どんなにメンテナンスを行っていても、早くて30年、遅くても50年で寿命を迎えるといわれています。しかし、「壁だけ」、「屋根だけ」などの部分的なメンテナンスは難しく、50年後には建て替えなどを行う必要がでてきます。

家の寿命を考えた工法で家を建てる100年住宅

模型

新築で建てるなら長く住める工法で

新築を立てる際に、将来の建て替えの事を考えてしまうととても億劫になってしまいます。しかし、長く住む為にはどうしても考えなくてはいけません。そのため、大阪狭山市では新築で家を建てる際に「100年住宅」と呼ばれる工法がおすすめされています。この工法を取り入れることで、将来の建て替えを簡単に行うことができることから、注目を集めています。

男女

工法を変えるだけで建て替えが簡単になる

100年住宅と呼ばれる工法は、今までの工法と異なり、家の骨組みとなる建築材と壁や屋根などの外壁が完全に固定されている状態で建築されます。骨組みと枠組みを別々に作り上げることで、作り変える際に、1から立て直すのではなく、外装を「取り替える」という形を取ることができます。そのため、簡単な家の建て替えを可能とした工法になります。

インテリア

分譲住宅を見学することで違いを知る

岡崎で新築物件を購入したいと考えても、どうしても家の作りなどを確認したいと感じた時、分譲住宅の見学会に参加するといいかもしれません。そうすることで、業者がどういった家づくりをしているかを、肌で感じることができます。また、どういった耐久設備が整えられているかなども、実物がある分、担当者に聞きやすくなります。

100年以上住み続けられる家を作り上げよう

家づくりは、時代を経て様々な進化を遂げています。自分達が住みやすい家を考えながら、利便性や耐久性なども視野にいれることで、長く住み続けられる丈夫な家づくりが実現できるようになってきました。自分達だけでなく、将来家を継いでくれる子や孫の事も考えることができます。